自分でできる!水回りの修繕方法とは?

水のトラブルも自力で解決!DIYで快適な暮らし!

>

業者に頼らない水道の修理とメンテナンスとは

もしもトイレが詰まってしまったら

大量のトイレットペーパーやお掃除シートを流した。便秘気味、または健康診断でバリウムを飲んだ人がいたなど、比較的普通の使い方をしていたのに詰まった場合は、ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使って詰まりを解消しましょう。

スマホ、ペン、雑巾などの異物を落とした。オムツや生理用品を流したなど、明らかにいけないものを流してしまった場合。
流したものが目で見える範囲にあるようなら、パイプクリーナーで引っ張り出しましょう。
便器の穴を鏡で覗いても異物が見えない場合は、便器を取り外して取るしかありません。

普段から水の流れが悪い、水量が少ない。タンクの手洗い場に小石やビーズを飾っている場合、それが中に落ちて水流の妨げとなっていることも。
こまめに点検、清掃をしましょう。
また節水のためにペットボトルを沈めるのはご法度!
水量が少ないと流したものが途中で止まってしまい詰まりの原因となります。

トイレの水漏れの原因と直し方

・タンクに水を送る吸水管や止水栓からの水漏れ
壁あるいは床からタンクまで伸びている管の途中から水が漏れていたら、それはパッキンの劣化や袋ナットと呼ばれる部品の緩みが原因かも。
まずはナットをしっかり締めてみて、それでもダメならパッキンを交換しましょう。

・シャワートイレからの水漏れ
いつのまにか床が濡れていて、よくみると便器の表面を水が伝った跡がある。
こんなときはシャワートイレ本体からの水漏れを疑いましょう。
実際に作動させて水漏れが確認できたら、新しいシャワートイレに交換するのをお勧めします。

・タンクからの水漏れ
タンク内の部品の不具合で蓋の隙間から水が漏れるケースもあれば、タンクと便器の結合部から水が漏れるケースもあります。
前者の場合、ホースやボールタップに異常がないか確認し、必要とあれば交換。
後者の場合は取り付けボルトを締め直したり、パッキンを交換したりしてみましょう。


この記事をシェアする
TO_TOP