自分でできる!水回りの修繕方法とは?

水のトラブルも自力で解決!DIYで快適な暮らし!

>

キッチン・洗面所で起こりうるトラブル

水栓の交換方法

水栓のハンドルを捻ると下から水がタラタラ。
しっかりハンドルを閉めても蛇口から水がポタポタ。
これらの現象は水栓のパーツの劣化によるものです。
もし原因のパーツが特定できるようであればそこだけ交換するのもアリですが、ある程度古い水栓をご使用の場合は、丸ごと取り換えてしまうのもいいかもしれません。

水栓を取り替える際は、まず止水栓を閉め、給水管・給湯管を取り外します。
このとき「立系金具しめつけ工具」が必要となるので準備しましょう。
水栓本体を外したら、設置箇所を綺麗に掃除してから新品を取り付けます。
取り付け完了後には止水栓を開栓し、水漏れの有無をチェックします。
あとからじわじわ漏れてくる場合もあるので、五分ほど時間をかけたほうがいいでしょう。

パイプからの水漏れ

洗面所でもキッチンでも、流しの下には収納がある場合が多いですよね。
そこにしまっている物がいつのまにかびしょびしょになっていたら、それはパイプの水漏れのせい。
物をどかして修理に取り掛かりましょう。

まず注目するのはパイプと排水口・排水管との結合部のナットの緩みです。
ここを締めても止まらなければ、劣化したパッキンを交換しましょう。
また、パイプが破損してそこから水が漏れている場合は、金属用の接着剤で穴を塞げば改善できるかもしれません。

パイプのトラブルは経年劣化だけではなく、使い方に原因がある場合も多いです。
例えば前述のように収納スペースに物を乱暴に突っ込んでいると、破損や緩みを招きます。
ゴミや髪の毛などをそのまま流してしまうと詰まりの要因にもなりますし、嫌なニオイを引き起こすことも。
また、排水設備に熱に弱いパーツが使われていることもありますので、熱湯を直接排水口に流すのもやめましょう。


この記事をシェアする
TO_TOP